ワークライフバランスは企業戦略です

 ワークライフバランスとは?

 ワークライフバランスとは、私生活の充実により、仕事がうまく進み、仕事がうまくいくことによって、私生活も潤うという「仕事と生活の相乗効果を高める考え方と取組み」全般を指します。

どこか女性の両立支援、育児休業や子育て支援の福利厚生的なイメージを持たれがちですが、そうではなく、これは働くすべての人の幸せと組織の成長のための戦略としての考え方です。

         ワークライフバランスとは

         福利厚生    ではなく   経営戦略    なのです。

 なぜ企業でワークライフバランスが必要なのか?

一言でいえば、  優秀な人材確保のため   です。

  @労働力人口の減少で、人材不足になる

             =優秀な人材は大手企業に取られやすくなる

 A大介護時代到来で、管理職クラスに親の介護のための時間が必要になる

             =介護休業や短時間勤務、社員同士の助け合い等が求められる

 B若い世代の価値観が「会社ひとすじ」から「私生活(自分、周り)も大事」に変化

             =会社からの報酬は今や「賃金」だけではなく「働き方」も

優秀な人材とは、

・これから入社してくる優秀な社員候補

・今一生懸命働いている在職中の優秀な社員

・やもえなく退職を考え始めている在職中の優秀な社員

です。

その優秀な人材を確保するために、今こそ社員一人ひとりの事情に向き合う時期だと感じています。

そのためには、会社のトップと職場の管理職の意識改革が何よりも重要です。

 社員のライフデザインを明確にすること

 私は、ワークライフバランスは、会社が勝手に導入するものではないと思っています。

社員ひとりひとりが実現するものです。

なぜなら、望むワークライフバランスはひとりひとり違うからです。

会社や職場の管理職は社員が仕事と生活の両立を実現できるよう、環境整備をするわけですが、実現するのは社員個人です。

自分はどう生きたいのか・・・

ライフデザインを明確にし、会社に伝えることができる社員が、自分らしい望む働き方、生き方をすることができるのではないでしょうか。

 ワークライフバランスの導入

 両立支援の各種制度の充実や促進を図ることは重要です。

しかし、前述したように、その人らしく生き生きと働けるように、 その人らしく仕事も人生も楽しんでいる人が増えるように、そんな風土、文化を築いていく企業改革が必要です。

ともさわ事務所では企業の実情と希望に合わせた提案をさせていただきます。

   ・ワークライフバランスに向けた講演や研修

   ・業務改善や働き方の見直し等を含めたコンサルティング

   ・社員会社依存脱却のための意識改革セミナー

   ・両立支援制度のご提案

   ・助成金活用のご提案

  ワークライフバランスとは、自分がどう生きたいか、を考えるのが出発点です。

  どう生きたいかを明確にし、覚悟をし、仕事でも生活でも、よりよい選択、

  よりよい生き方をするため、自ら行動に移すことです。

 WLB導入サービス料金

相談

10,000円/2時間

ワークライフバランス研修

50,000円/2時間

両立支援制度導入(規程作成 含む)

100,000円

業務改善、見直しコンサルティング等

協議

尚、複雑な案件について

協議

▲このページのトップに戻る